Space Designer検定
-おきらく資格ガイド-



おきらく資格ガイド->Space Designer検定

Space Designer検定

住宅のリフォームやリノベーション業界に対応できる質の高い人材育成のため、建築図面を理解でき、ソフトウェアを利用してリアルなパース画と説得力のある提案書を作成できる人物に焦点を当てた検定試験です。
建築物の内装を設計するのに必要な知識(製図、インテリア)と技能(ソフトウェアを利用したパース作成)・表現を学習している方を対象としています。
1級と2級が実施されています。

取得方法

作品提出型にて実施。
配布された問題に対し、基礎課題、応用課題の順でパース画と提案書を作成し期限内にアップロード。
評価・判定委員がパース画および提案書を評価基準により総合的にチェックし、その結果に基づき、最終判定する。評価は得点(100点満点)をベースに1級は基礎課題の総合評価で70点以上、応用課題の総合評価で80点以上が合格基準、2級は基礎課題の総合評価で70点以上が合格基準となっています。

受験資格

特にありません。

合格率

不明。

合格特典

・有料で合格証書、合格証明書、認定カード

公式サイト

ACSP:一般社団法人コンピュータ教育振興協会

関連書籍




おきらく資格ガイド Topへ
Copyright (C) 2009-2018 うかりこ. All Right Reserved