園芸福祉士
-おきらく資格ガイド-



おきらく資格ガイド->園芸福祉士

園芸福祉士

園芸福祉活動を実践し、地域に根付かせ、大きな輪に育てていくための人材である園芸福祉士の資格です。
初級園芸福祉士と園芸福祉士があり、初級園芸福祉士は園芸福祉に関する幅広い理解と知識、技能を持ち園芸活動を地域で実践していく役割を担い、園芸福祉士は園芸福祉活動を実践する事はもとより、園芸福祉士活動の地域への普及や啓発、地域のリーダー、コーディネータとしての役割を担います。

取得方法

初級園芸福祉士は、養成講座の受講、認定試験の合格。
園芸福祉士は、課題の合格。

受験資格

初級園芸福祉士は特にありません。
園芸福祉士は、初級園芸福祉士取得後、下記の条件を満たす必要があります。
1)初級園芸福祉士として園芸福祉活動の経験が2年以上あり、年間活動アンケートを2回以上提出していること。
2)初級園芸福祉士の資格の更新を1回以上行い、審査申込時点で登録者であること。
3)日本園芸福祉普及協会または地域協力団体の主催或いは共催のシンポジウム、実践事例発表会、イベント等に1回以上参加していること。

合格率

不明。

合格特典

・登録(有料)で園芸福祉士として認定

公式サイト

日本園芸福祉普及協会 | 花や野菜を育てて、みんなで幸せになろう。

関連書籍




おきらく資格ガイド Topへ
Copyright (C) 2009-2018 うかりこ. All Right Reserved