深読み検定
-おきらく資格ガイド-



おきらく資格ガイド->深読み検定

深読み検定

あいさつや気配り、おもてなし、心配り、褒めるなどをする際に、相手の気持ちや行動、言動の意図などを深読みする能力を測る検定試験です。
なぜ?と物事を深く読む習慣を身につけ、時代の先を読み、企業や個人のためになる事を目的としています。
初段(深読みの達人)、1級、2級、3級、4級があります。
4級は深読みにあたって基本的な知識を身に付ける、3級はなぜ?と深く考える事ができるスキル、2級は共通項(仮説)を考える事が出来るスキル、1級は仮説を立てた内容に対して、有効な行動を実施し、その効果の把握、および検証が出来る、初段(深読みの達人)は深読み検定の指導的知識を身に付けるとなっています。

取得方法

4級は試験の合格。
試験は問題15問から20問で65%以上で合格となっています。
1級、2級、3級は自宅研修終了後、筆記試験の合格。
自宅研修は協会にレポート提出があり、筆記試験は65%以上で合格となっています。

受験資格

3級、4級は特にありません。
2級は3級合格者に限られます。
1級は2級合格者に限られます。
初段(深読みの達人)は1級合格者に限られます。

合格率

不明。

合格特典


公式サイト

一般社団法人日本あいさつ検定協会(公式サイト)

関連書籍




おきらく資格ガイド Topへ
Copyright (C) 2009-2018 うかりこ. All Right Reserved