シニア福祉アドバイザー
-おきらく資格ガイド-



おきらく資格ガイド->シニア福祉アドバイザー

シニア福祉アドバイザー

生活支援、制度利用(年金・介護保険)、トラブル防止(詐欺・近隣関係など)、見守り・見送り(相続や各種手続き)、カウンセリング(対応・話し方など)、一人一人の生活環境を把握し、適切な助言を行うプロフェッショナル、シニア福祉アドバイザーの資格です。
家庭と地域の高齢者を見守り、見送るライフパートナーとして、高齢者の社会的・経済的・心理的問題を理解し、的確にサポートする専門家を養成する事を目的としています。

取得方法

試験の合格。
試験はマークシート方式で35問出題され、問題の総得点の7割が合格基準となっています。

受験資格

特にありません。

合格率

不明。

合格特典

・認定登録(有料)でシニア福祉アドバイザーとして認定

公式サイト

シニア福祉アドバイザー|一般社団法人シニア福祉相談士検定協会

関連書籍




おきらく資格ガイド Topへ
Copyright (C) 2009-2018 うかりこ. All Right Reserved