相続知識検定
-おきらく資格ガイド-



おきらく資格ガイド->相続知識検定

相続知識検定

相続分野の専門家に対し、レベルに応じた一定の試験を行い、技量等の目安になる検定試験です。
相続に関する法律・税制・不動産評価・株式評価・生命保険・建築・土地有効利用等のあらゆる制度を横断的に捉え、これらの知識を多面的に勉強する事により、国民生活にとって有意な人材を育成する事を目的としています。
1級から4級があります。
1級は相続に関連した幅広い分野を理解し、相続の講師が出来る、または相続相談を受けアドバイスができるレベル、2級は相続に関する問題点に気づき、相続対策(解決策)が作れる、または贈与、介護、後見、墓などにも持論が持てるレベル、3級は我が家の相続人・相続分・課税の有無が判断でき、自分の自筆証書遺言を有効に作れるレベル、4級は相続に関する法律と税金の仕組みと基礎知識が分かり、相続の難しさ・大切さ・面白さに興味が持てるレベルとなっています。

取得方法

試験の合格。
3級はマークシート式40問で行われ、75%以上、30問以上の正解で合格となります。

受験資格

特にありません。

合格率

不明。

合格特典

・合格証

公式サイト

50歳になったら相続学校

関連書籍




おきらく資格ガイド Topへ
Copyright (C) 2009-2018 うかりこ. All Right Reserved