TEAP
-おきらく資格ガイド-



おきらく資格ガイド->TEAP

TEAP

TEAP(ティープ)とは、Test of English for Academic Purposesの略語で、大学で学習・研究する際に必要とされるアカデミックな場面での英語運用力(英語で資料や文献を読む、英語で講義を受ける、英語で意見を述べる、英語で文章を書くなど)をより正確に測定するテストです。
主に高校3年生を対象とした大学入試を想定して開発されています。大学教育レベルにふさわしい英語力を測るうえで適切な設計となっており、テスト内容はすべて大学教育(留学も含む)で遭遇する場面を考慮して作成されております。難易度の目安としては、英検準2級〜準1級程度で、日本の高校3年生の英語を測定するのに最適なレベルとなっております。

取得方法

テストの結果に応じて、スコアとバンドで現在の英語力が判定されます。
試験は、Reading test、Listening test、Writing test、Speaking testの4技能のカテゴリーがあり、Reading test、Listening testは、マークシートによる択一選択方式、Writing testは解答用紙への記入、Speaking testは1対1の面接方式で行われます。

受験資格

高校3年生以上

合格率

不明。

合格特典

・スコア、バンドによる評価

公式サイト

TEAP | 公益財団法人 日本英語検定協会

関連書籍




おきらく資格ガイド Topへ
Copyright (C) 2009-2018 うかりこ. All Right Reserved