動産担保実務検定試験
-おきらく資格ガイド-



おきらく資格ガイド->動産担保実務検定試験

動産担保実務検定試験

金融検定のひとつとして実施される検定試験です。
不動産担保や個人保証に依存しないタイプの中小企業融資手法として期待されるABL(Asset Based Lending)の実務能力を検証する検定試験です。
担保実務やモニタリングなどの金融機関の営業店業務に密着した問題が出題されます。

取得方法

試験の合格。
試験は、ABLの基礎知識、ABLの担保実務、ABLの事例とルールなどが出題範囲となっており、四答択一式で50問出題され、合格基準が60点以上、但し、試験結果を踏まえて試験委員会で決定となっています。

受験資格

特にありません。

合格率

不明。

合格特典



公式サイト

金融検定協会

関連書籍




おきらく資格ガイド Topへ
Copyright (C) 2009-2018 うかりこ. All Right Reserved