医療事務(医科)能力検定試験
-おきらく資格ガイド-



おきらく資格ガイド->医療事務(医科)能力検定試験

医療事務(医科)能力検定試験

受付業務、カルテ管理業務、オペレータ業務、会計業務(治療費の計算)、診療報酬請求業務などの医療事務の業務を円滑に遂行していくために必要な、医療保険の仕組み、治療費の計算方法、診療報酬請求の仕組みなどの専門知識・スキルを証明する検定試験です。
1級から3級があり、3級は医療保険制度の仕組み、診療報酬明細書(外来)を作成するために必要な基礎知識、2級は医療保険制度の仕組み、診療報酬明細書(外来)を作成するために必要な知識、1球は医療保険制度の仕組み、診療報酬明細書(入院)を作成するために必要な知識となっています。

取得方法

試験の合格。
試験は、学科試験と実技試験があり、学科試験は筆記択一式、実技試験は診療報酬明細書作成となっています。問題の総得点の70%程度を基準として、問題の難易度で補正した点数以上の得点で合格となります。

受験資格

医療事務講座受講経験者又は医療事務職経験者の方。

合格率

不明。

合格特典

・合格証書

公式サイト

日本ビジネス技能検定協会

関連書籍




おきらく資格ガイド Topへ
Copyright (C) 2009-2018 うかりこ. All Right Reserved