埋蔵文化財調査士補
-おきらく資格ガイド-



おきらく資格ガイド->埋蔵文化財調査士補

埋蔵文化財調査士補

発掘調査現場を統括し、人事管理、安全管理、工程管理を行いながら発掘調査を適切に実施できる埋蔵文化財調査士補の資格です。
埋蔵文化財調査に携わる者の知識及び技術の向上を図り、埋蔵文化財調査の円滑化を促進し、もってわが国の文化財保護に寄与することを目的としています

取得方法

指定講習の修了と試験の合格。
試験は択一式問題が50問(150点)、記述式問題が2問(50点)が出題されます。

受験資格

次のいずれかの条件を満たしたものに限られます。
1.学校教育法による大学を卒業し、協会が認める関連分野を専攻した者で、発掘調査実務経験を4年以上(48ヶ月以上)有する者。
2.学校教育法による大学を卒業した者で、発掘調査実務経験を5年以上有する者。
3.前2項以外の者で8年以上の発掘調査実務経験を有する者。

合格率

不明。

合格特典

・埋蔵文化財調査士補の資格

公式サイト

公益社団法人 日本文化財保護協会

関連書籍




おきらく資格ガイド Topへ
Copyright (C) 2009-2018 うかりこ. All Right Reserved