焼酎検定
-おきらく資格ガイド-



おきらく資格ガイド->焼酎検定

焼酎検定

清酒と並び日本の国酒である、焼酎の提供方法の研究を中心に酒類の総合研究を行い、その教育啓蒙活動を通じ、日本における酒文化の発展および関連業界の支援、そして日本食文化の継承発展に寄与する事を目的とした検定試験です。
1級、準1級、2級、3級、4級、5級があり、1級は焼酎のあらゆることに精通し、後世へ適切に継承発展を行える者、5級は焼酎に関する基礎知識を習得し、最低限の商品選択基準を有する者となっています。

取得方法

試験の合格。
試験は選択方式問題で出題数は50問となっています。
各級の合格基準は、1級は全問題の95%以上、準1級は全問題の90%以上、2級、3級は全問題の85%、4級、5級は80%以上となっています。

受験資格

全ての級で20歳以上の方に限られます。
1級は準1級合格者に限られます。
準1級は2級合格者に限られます。
2級は3級合格者に限られます。
3級、4級、5級は特にありません。

合格率

不明。

合格特典

・認定証と認定カード

公式サイト

お酒の知識指標 酒検定「日本酒検定」「焼酎検定」「ワイン検定」「ウイスキー・スピリッツ検」「ビール検定」

関連書籍




おきらく資格ガイド Topへ
Copyright (C) 2009-2018 うかりこ. All Right Reserved