高齢社会検定試験
-おきらく資格ガイド-



おきらく資格ガイド->高齢社会検定試験

高齢社会検定試験

世代を超えて、できるだけ多くの国民が、高齢社会についての客観的かつ総合的な知識を取得できるよう、教育学習の機会の提供を進める、高齢社会の知識インフラの一翼を担い、高齢社会についての教育や学習の機会提供の一助となる事を目的とした検定試験です。個人編、社会編、総論の3つの科目があり、個人(総論+個人編)、社会(総論+社会編)、総合(総論+個人編+社会編)のコースに分かれています。
個人編は「長寿時代の理想の生き方・老い方」「高齢者の就労・社会参加・生涯学習」「高齢者の住まい」「高齢者と移動」「高齢者の暮らしとお金」「高齢者の暮らしを支える社会資源」など、社会編は「超高齢社会と社会保障」「医療制度の現状と改革視点」「介護・高齢者福祉の現状と改革視点」「年金政策の現状と改革視点」「住宅政策・まちづくりの現状と改革視点」「交通・移動システムの現状と改革視点」など、総論は「超高齢未来の姿」「超高齢未来への課題」「超高齢未来の可能性〜課題解決に向けた方向性」などが出題範囲となっています。

取得方法

試験の合格。
試験は、マークシートによる4者択一形式になっています。

受験資格

特にありません。

合格率

不明。

合格特典

・合格認定証

公式サイト

高齢社会検定試験

関連書籍




おきらく資格ガイド Topへ
Copyright (C) 2009-2018 うかりこ. All Right Reserved