相続診断士
-おきらく資格ガイド-



おきらく資格ガイド->相続診断士

相続診断士

相続に関する広く多岐にわたる問題を理解し、一般の方への啓蒙活動を行う相続診断士の資格です。
相続についてトラブルが発生しそうな場合に、できるだけ事前に弁護士、税理士、司法書士、行政書士などの専門家に橋渡しを行い、 問題の芽を早めに摘み取り、相続を円滑に進めることを目的としています。

取得方法

試験の合格。
試験は、CBT方式(ComputerBasedTesting)で、コンピュータによる○×、三肢択一、穴埋め方式で60問出題され、60点以上で合格となります。

受験資格

特にありません。

合格率

不明。

合格特典

・認定証、認定カード

公式サイト

相続診断協会/HOME

関連書籍




おきらく資格ガイド Topへ
Copyright (C) 2009-2018 うかりこ. All Right Reserved