土壌医検定
-おきらく資格ガイド-



おきらく資格ガイド->土壌医検定

土壌医検定

土壌診断と施肥改善・作物育成改善などの知識を兼ね備えた土づくりのプロを育成するための検定試験です。
土づくりに関心を有する人達の底辺を広げるとともに、段階的なレベルアップを促していくことを目的としています。
1級、2級、3級があり、3級は土づくりと作物育成との関係の基礎知識、2級は3級レベルの知識に加え、施肥改善の処方箋が作成できる知識、1級は3級、2級レベルの知識に加え、処方箋作成と現地指導できる知識と実績となっています。

取得方法

試験の合格。
試験は、2級、3級は学科試験のみで行われ、1級は学科試験、記述試験、実績調査で行われます。
1級はマークシート方式、処方箋作成記述、2級はマークシート方式4者択一で60問中40問以上正解で合格、3級はマークシート方式3者択一で50問中30問以上正解で合格となります。

受験資格

2級、3級は特にありません。
1級は土づくり指導又は就農実績5年以上の方に限られます。

合格率

不明。

合格特典

1級合格:土壌医の資格
2級合格:土づくりマスター
3級合格:土づくりアドバイザー

公式サイト

土壌医検定

関連書籍




おきらく資格ガイド Topへ
Copyright (C) 2009-2018 うかりこ. All Right Reserved