機械設計技術者試験
-おきらく資格ガイド-



おきらく資格ガイド->機械設計技術者試験

機械設計技術者試験

安全で効率のよい機械を経済的に設計する機械設計技術者の総合能力を認定し、機械設計技術者の技術力向上と社会的評価の適正な確立を図り、機械産業の振興に寄与することを目的としています。
1級から3級があり、1級は、機械及び装置の基本仕様決定に必要な計算、構想図の作成等の基本設計業務を行なえる能力に達した技術者、2級は、基本設計に基づき、機械及び装置の機能・構造・機構等の具体化を図る計画設計業務を行なえる能力に達した技術者、3級は、機械や装置の詳細設計の補佐、ならびに関連する製図等の業務を行なえる能力に達した技術者、または機械設計全般の基礎知識を習得した学生を対象としています。

取得方法

試験の合格。
試験は、1級は記述式解答と小論文、2級はマークシート方式と記述式解答、3級はマークシート方式で行われます。

受験資格

1級は、2級取得後、4年の実務経験。
2級は、3級保持の有無、学歴などに応じて実務経験が必要となります。
3級は、特にありません。

合格率

平成23年度
1級:36.0%
2級:28.5%
3級:32.0%

合格特典

・合格証書、ライセンスカード

公式サイト

(社)日本機械設計工業会ホームページ

関連書籍




おきらく資格ガイド Topへ
Copyright (C) 2009-2018 うかりこ. All Right Reserved