ケアクラーク技能認定試験
-おきらく資格ガイド-



おきらく資格ガイド->ケアクラーク技能認定試験

ケアクラーク技能認定試験

介護事務業務の従事者として必要な社会福祉制度や介護報酬請求事務などに関する知識と技能のレベルを評価、認定することによって、その職業能力の向上と社会的経済的地位の向上に資することを目的とした技能認定試験です。
居宅介護サービス機関、介護保険施設等における日常的な事務処理、窓口業務、居宅サービス・施設サービス報酬請求事務等の業務に関する職業能力を評価の対象としています。

取得方法

試験の合格。
試験は学科と実技があり、学科は介護事務知識で択一式の筆記試験で行われ、実技は介護報酬請求事務、介護給付費明細書作成で行われ、学科試験および実技試験の各々と得点率が70%以上を合格とします。

受験資格

特にありません。

合格率

不明。

合格特典

・ケアクラークの称号

公式サイト

日本医療教育財団

関連書籍




おきらく資格ガイド Topへ
Copyright (C) 2009-2018 うかりこ. All Right Reserved