土木設計技士
-おきらく資格ガイド-



おきらく資格ガイド->土木設計技士

土木設計技士

土木設計領域の一定の知識、技術力、経験が担保された技術者に与えられる資格です。
土木設計技術者に技術の習得や向上へのインセンティブを与え、建設コンサルタントにおける土木設計の技術力の向上を図ると共に、工事会社に所属する土木設計技術者においても施工や現場知識に基づく設計能力の向上を図り、総じて品確法の求める良質な設計成果品を生み出すことを目的としています。

取得方法

試験の合格。
試験は四肢択一問題と記述式問題で行われ、四肢択一問題は建設行政等の知識、周辺業務の知識、土木一般に関する知識、土木設計に関する知識となっていて、記述式問題は土木設計業務に関する経験事例、具体的な業務を想定した土木設計の技術力を問う問題となっていてます。四肢択一問題で40点以上の得点を得、かつ記述式問題の2問いずれも50%以上が合格基準となっています。

受験資格

学歴などに応じて実務経験が必要となります。

合格率

不明。

合格特典

・土木設計技士の資格

公式サイト

検定試験 WebEntrySystem

関連書籍




おきらく資格ガイド Topへ
Copyright (C) 2009-2018 うかりこ. All Right Reserved