インターネット実務検定
-おきらく資格ガイド-



おきらく資格ガイド->インターネット実務検定

インターネット実務検定

インターネットを利用する上で必要となるネットワークの知識、マナー、セキュリティなどの検定試験です。メール、チャット、掲示板などを利用する上で起こるトラブルを未然に防ぐためのポイントやマナー、膨大な量の情報の中から役立つ情報を素早く検索する方法、ウィルスに感染しないようにするための知識などが問われます。
1級から3級があり、1級はネットワーク関連の専門的な知識、サーバー管理およびイントラネット管理に関する諸事など、総合的な見識等を持っているかを検定し、上級者向け、2級は情報セキュリティ、個人情報と権利侵害、著作権、インターネット関連法規などが問われ、中級者向けの試験、3級はコンピュータの構成と仕組み、ネチケット、セキュリティなどの内容が含まれ、インターネットの初歩的・基礎的な知識と能力を検定し、初級者向けの試験となっています。

取得方法

試験の合格。
試験はオンライン上で行われ、4択問題で行われます。
1級は2次試験で論文問題が出題されます。

受験資格

2級、3級は特にありません。
1級は2級合格者に限られます。

合格率

不明。

合格特典

・認定証

公式サイト

インターネット実務検定協会〜インターネット資格の草分け〜

関連書籍




おきらく資格ガイド Topへ
Copyright (C) 2009-2018 うかりこ. All Right Reserved