医療経営士
-おきらく資格ガイド-



おきらく資格ガイド->医療経営士

医療経営士

医療機関をマネジメントするうえで必要な医療および経営に関する知識と、経営課題を解決する能力を有し、実践的な経営能力を備えた人材である医療経営士の資格です。
1級、2級、3級があり、1級は医療経営に関する専門知識と実践思考(手法)を有し、実戦でき、理事長・病院長とともに経営幹部としての医療経営(意思決定)を実践できる、2級は医療経営に関する幅広い知識や経営課題を解決するための分析力を有し、実践でき、中堅管理職が身につけておくべき医療経営に関する知識・問題解決能力(リーダーシップ)を有し、実践できる、3級は医療・医療経営に関する基礎知識(医療史、医療法規・医療行政、医療界・医療機関の構造、医療関連産業論、患者サービス論)、倫理、モラルを習得しているとなっています。

取得方法

試験の合格。
試験は、多岐選択式のマークシート方式で行われます。

受験資格

3級は特にありません。
2級は3級合格者に限られます。

合格率

不明。

合格特典

・医療経営士の資格

公式サイト

日本医療企画

関連書籍




おきらく資格ガイド Topへ
Copyright (C) 2009-2018 うかりこ. All Right Reserved