水路測量技術検定試験
-おきらく資格ガイド-



おきらく資格ガイド->水路測量技術検定試験

水路測量技術検定試験

海洋の利用、開発、環境保全等に資するために行われる水路測量に従事する技術者の技術の標準化、向上を図る事を目的とした検定試験です。
1級水路測量技術(沿岸)、2級水路測量技術(沿岸)、1級水路測量技術(港湾)、2級水路測量技術(港湾)があります。
沿岸1級は、各種の測位機、測深機、探査機等を使用し、沿岸海域において行う水路測量に関し、作業を計画し、指揮をとり、実行の責任者となり及び資料を評価することができる技術、沿岸2級は、各種の測位機、測深機、探査機等を使用し、沿岸海域において行う水路測量に関し、直接の監督を受けないで計画に基づく作業を遂行し及び資料を分析することができる技術、港湾1級は、各種の光学機器、測深機等を使用し、主として港湾内において行う水路測量に関し、作業を計画し、指揮をとり、実行の責任者となり及び資料を評価することができる技術、港湾2級は、各種の光学機器、測深機等を使用し、主として港湾内において行う水路測量に関し、直接の監督を受けないで計画に基づく作業を遂行し及び資料を分析することができる技術となっています。

取得方法

試験の合格。
試験は筆記による1次試験と口述による2次試験があります。

受験資格

特にありません。

合格率

不明。

合格特典

・合格証書

公式サイト

日本水路協会

関連書籍




おきらく資格ガイド Topへ
Copyright (C) 2009-2018 うかりこ. All Right Reserved