医師事務作業補助技能認定試験(ドクターズクラーク)
-おきらく資格ガイド-



おきらく資格ガイド->医師事務作業補助技能認定試験(ドクターズクラーク)

医師事務作業補助技能認定試験(ドクターズクラーク)

医師事務作業補助業務の従事者として必要な医療文書の作成、医学・薬学、医療に関する法律・法令等の知識と技能のレベルを評価、認定することによって、その職業能力の向上と社会的経済的地位の向上に資することを目的とした資格です。

取得方法

試験の合格。
試験は、学科試験と実技試験で行われ、学科試験は択一式の筆記試験で医師事務作業補助基礎知識を問われ、実技試験は記述式の筆記試験で医療文書作成で行われます。
学科試験および実技試験の各々の得点率が70%以上で合格となります。

受験資格

以下のいずれかに該当する者に限られます。
1.教育機関等が行う教育訓練のうち、認定委員会が認定規程により定める、医師事務作業補助技能認定試験受験資格に関する教育訓練ガイドラインに適合すると認めるものを履修した者。
2.医療機関等において医師事務作業補助職として6ヵ月以上(32時間以上の基礎知識習得研修を含む)の実務経験を有する者
3.認定委員会が前各号と同等と認める者

合格率

不明。

合格特典

・ドクターズクラークの称号

公式サイト

日本医療教育財団

関連書籍




おきらく資格ガイド Topへ
Copyright (C) 2009-2018 うかりこ. All Right Reserved