情報セキュリティスペシャリスト試験
-おきらく資格ガイド-



おきらく資格ガイド->情報セキュリティスペシャリスト試験

情報セキュリティスペシャリスト試験

情報処理技術者試験の一区分として実施されている国家試験です。
セキュリティ機能の企画・要件定義・開発・運用・保守を推進又は支援する業務、もしくはセキュアな情報システム基盤を整備する業務に従事し、主導的役割を果たすと共に下位者を指導する事を役割、業務とする情報セキュリティスペシャリストの試験です。
高度IT人材として確立した専門分野をもち、情報システムの企画・要件定義・開発・運用・保守において、情報セキュリティポリシに準拠してセキュリティ機能の実現を支援し、又は情報システム基盤を整備し、情報セキュリティ技術の専門家として情報セキュリティ管理を支援する者を対象としています。

取得方法

試験の合格。
試験は、午前I、午前II、午後I、午後IIで行われ、午前I、午前IIは四肢択一の多肢選択式で行われ100点満点で基準点が60点、午後I、午後IIは記述式で行われ100点満点で基準点が60点となっています。

受験資格

特にありません。

合格率

平成23年度春期:16.2%
平成22年度春期:17.8%
平成21年度春期:16.9%

合格特典

・合格証書

公式サイト

情報処理推進機構:

関連書籍




おきらく資格ガイド Topへ
Copyright (C) 2009-2018 うかりこ. All Right Reserved