松保護士
-おきらく資格ガイド-



おきらく資格ガイド->松保護士

松保護士

全国に流行して松を枯らしているマツ材線虫病について幅広い知識を持ち、被害現場に適した防除対策を考え、実際に作業指導を行う専門家である松保護士の資格です。
マツ材線虫病に関することばかりでなく、松の歴史や文化、松という樹木の生理・生態、松の持つ様々な役割、マツ材線虫病以外の松枯れなどについても幅広く学び、松のエキスパートとなりうる人材を養成することを目的としています。

取得方法

講習会受講者の選抜試験の合格、講習会の受講、総合試験及び面接試験の合格。
講習会受講者の選抜試験は、筆記試験及び業績審査で行われ、筆記試験は選択式、論述式で行われます。

受験資格

以下のいずれかの要件を満たしている者に限られます。
1.松・松林の保護に関する業務経験が7年以上の方
2.樹木医補の場合は、認定後の松・松林の保護に関する業務経験が1年以上の方
3.樹木医および旧日本の松の緑を守る会認定松保護士の方

合格率

不明。

合格特典

・松保護士認定証

公式サイト

財団法人 日本緑化センター

関連書籍




おきらく資格ガイド Topへ
Copyright (C) 2009-2018 うかりこ. All Right Reserved