建築コスト管理士
-おきらく資格ガイド-



おきらく資格ガイド->建築コスト管理士

建築コスト管理士

企画・構想から維持・保全、廃棄にいたる建築のライフサイクル全般に渡って、コストマネジメント業務に関する高度な専門知識及び技術を有する専門家である建築コスト管理士の資格です。
プロジェクト遂行にあたり、建築のライフサイクル全般に渡って、コストマネジメントを担当する高度な知識及び技術を有する技術者を育成し、建築コストの透明性・妥当性・公平性を追及することにより、建築清算の進歩発展と社会に寄与し、建築コスト技術者の技術水準及び社会的地位の向上を図ることを目的としています。

取得方法

試験の合格。
試験は、学科試験と短文記述試験があり、学科試験は4肢択一方式で60問、短文記述試験は、問題に対する解答を短文(200文字以内)で記述することで行われます。

受験資格

次のいずれかに該当する者に限られます。
1.建築積算士を取得後、更新登録を1回以上行い、かつ建築関連業務を10年以上経験し、そのうち、建築コスト関連業務において責任ある業務に2年以上の実務経験を有する方。
2.建築関連業務を10年以上経験し、そのうち建築コスト関連業務において責任ある業務を5年以上の経験を有し、かつ受験年齢が試験日当日で32歳以上の方。

合格率

不明。

合格特典

・登録(有料)で建築コスト管理士として認定

公式サイト

社団法人 日本建築積算協会

関連書籍




おきらく資格ガイド Topへ
Copyright (C) 2009-2018 うかりこ. All Right Reserved