土地家屋調査士試験
-おきらく資格ガイド-



おきらく資格ガイド->土地家屋調査士試験

土地家屋調査士試験

不動産の状況を性格に登記記録に反映することによって不動産取引の安全の確保、国民の財産を明確にするといった極めて公共性の高い指名を持った土地家屋調査士の資格試験です。
不動産の表示に関する登記につき必要と認められる事項であって、民法に関する知識、登記の申請手続き、及び審査請求の手続に関する知識、土地及び家屋の調査及び測量に関する知識及び技能、その他土地家屋調査士法第3条第1項第1号から第6号までに規定する業務を行うのに必要な知識及び能力などについて問われます。

取得方法

試験の合格。
試験は、筆記試験と口述試験があり、筆記試験は午前試験と午後試験があり多肢択一式及び記述式により行われます。

受験資格

特にありません。

合格率

平成22年:8.4%
平成21年:8.1%
平成20年:8.0%

合格特典

・合格証書

公式サイト

法務省:土地家屋調査士試験

関連書籍




おきらく資格ガイド Topへ
Copyright (C) 2009-2018 うかりこ. All Right Reserved