建築積算士
-おきらく資格ガイド-



おきらく資格ガイド->建築積算士

建築積算士

建築生産過程における工事費の算定並びにこれに付帯する業務に関し、高度な専門知識及び技術を有する専門家である建築積算士を認定する資格です。
建築積算に関する知識及び技術の向上を図り、建築工事費の適正な価格形成に資するとともに、建築物の質の向上に寄与することを目的としています。
建築工事分野の数量算出、工事費算定の技術、生産プロセス、工事発注スキーム、設計図書後世、工事費構成、積算業務内容、数量積算基準、標準内訳書式、主要な市場価格、データ分析と積算チェック、施工技術概要、LCC・VE概要、環境配慮概要の知識などが求められます。

取得方法

試験の合格。
試験は、一次試験と二次試験があり、一次試験は多肢択一式の学科試験、二次試験は計測・計算等の筆記式の実技試験で行われます。

受験資格

満20歳以上の者に限られます。

合格率

不明。

合格特典

・登録で建築積算士として認定

公式サイト

社団法人 日本建築積算協会

関連書籍




おきらく資格ガイド Topへ
Copyright (C) 2009-2018 うかりこ. All Right Reserved