危険物取扱者
-おきらく資格ガイド-



おきらく資格ガイド->危険物取扱者

危険物取扱者

一定数量異常の危険物を貯蔵し、又は取り扱う化学工場、ガソリンスタンド、石油貯蔵タンク、タンクローリー等の施設で、危険物を取り扱うために置く必要のある危険物取扱者の国家資格です。
甲種、乙種、丙種があり、甲種は全類の危険物、乙種は第1類から第6類の指定の類の危険物について、取扱いと定期点検、保安の監督ができ、丙種は特定の危険物(ガソリン、灯油、軽油、重油など)に限り、取扱いと定期点検ができます。

取得方法

試験の合格。
試験は、甲種は危険物に関する法令15問、物理学及び化学10問、危険物の性質並びにその火災予防及び消火の方法20問でマークシートで五肢択一式で行われ試験科目ごとの成績が60%以上で合格、乙種は危険物に関する法令15問、基礎的な物理学及び基礎的な化学10問、危険物の性質並びにその火災予防及び消火の方法10問でマークシートで五肢択一式で行われ試験科目ごとの成績が60%以上で合格、丙種は危険物に関する法令10問、燃焼及び消火に関する基礎知識5問、危険物の性質並びにその火災予防及び消火の方法10問でマークシートで四肢択一式で行われ試験科目ごとの成績が60%以上で合格となっています。

受験資格

乙種、丙種は特にありません。
甲種は学歴、取得資格に応じて受験資格があります。

合格率

平成22年度
甲種:32.9%
乙種(1類):68.4%
乙種(2類):68.8%
乙種(3類):68.1%
乙種(4類):32.5%
乙種(5類):70.7%
乙種(6類):68.1%
丙種:49.8%

合格特典

・免状交付

公式サイト

財団法人消防試験研究センター

関連書籍




おきらく資格ガイド Topへ
Copyright (C) 2009-2018 うかりこ. All Right Reserved