建設機械施工技術検定試験
-おきらく資格ガイド-



おきらく資格ガイド->建設機械施工技術検定試験

建設機械施工技術検定試験

建設機械施工技士となるための国家資格です。
建設工事の機械施工に従事する技術者の技術の向上を目的としています。
1級と2級があり、1級は工事現場における建設機械運転技術者の指導監督的な職務に従事する者を対象とし、各種建設機械の運転技術、施工技術及び組合せ施工法についての指導、監督を適確に行う知識と能力を有するかを判定、2級は主として熟練度の高い運転技術者を対象とし、特定の建設機械の運転技術及び施工技術と必要な知識と能力を判定するとなっています。
2級は第1種(ブルドーザ)、第2種(油圧シャベル)、第3種(モータ・グレーダ)、第4種(ロード・ローラ)、第5種(アスファルト・フィニッシャ)、第6種(アースオーガ)の種別ごとの試験になっています。

取得方法

試験の合格。
試験は、1級、2級とも学科試験と実地試験で行われます。

受験資格

学歴などに応じて実務経験が必要となります。

合格率

不明。

合格特典

・合格証明書
・申請(有料)で1級又は2級建築機械施工技士

公式サイト

(社)日本建設機械化協会(JCMA)

関連書籍




おきらく資格ガイド Topへ
Copyright (C) 2009-2018 うかりこ. All Right Reserved