建築設備士
-おきらく資格ガイド-



おきらく資格ガイド->建築設備士

建築設備士

建築設備全般に関する知識及び技能を有し、建築士に対して、高度化・複雑化した建築設備の設計・工事管理に関する適切なアドバイスを行える建築設備士の国家資格です。

取得方法

試験の合格。
試験は第一次試験と第二次試験があり、第一次試験は学科で建築一般知識、建築法規及び建築設備、第二次試験は設計製図で建築設備基本計画及び建築設備基本設計製図となっています。

受験資格

1.学歴を有する者(大学、短期大学、高等学校、専修学校等の正規の建築、機械又は電気に関する過程を修めて卒業した者)
2.一級建築士等の資格取得者
3.建築設備に関する実務経験を有する者
1〜3それぞれに応じて建築設備に関する実務経験年数が必要となっています。

合格率

平成22年:20.0%
平成21年:21.1%
平成20年:23.0%

合格特典

・登録で建築設備士

公式サイト

財団法人建築技術教育普及センター

関連書籍




おきらく資格ガイド Topへ
Copyright (C) 2009-2018 うかりこ. All Right Reserved