ディスクロージャー経理実務検定
-おきらく資格ガイド-



おきらく資格ガイド->ディスクロージャー経理実務検定

ディスクロージャー経理実務検定

基本的なディスクロージャー経理実務を担う人材の育成を目的とした検定試験です。
基礎編と発展編があり、基礎編は有価証券関係の注記等、退職給付会計、個別税効果会計、1株当たり情報、株主資本等変動計算書、キャッシュ・フロー計算書、有価証券明細票など、発展編は減損会計、デリバティブ会計、退職給付会計、ストックオプション会計、連結税効果会計、企業結合等会計などが出題範囲となっています。
基礎編合格者をディスクロージャー実務士、基礎編と発展編の双方に合格者をディスクロージャー上級実務士として認定されます。

取得方法

試験の合格。
試験は、基礎編、発展編ともに簿記を含む計算問題を中心とした形式で行われ100点満点で70点以上で合格となります。

受験資格

特にありません。

合格率

第1回
基礎編:58.2%

合格特典

・基礎編合格者をディスクロージャー実務士として認定
・基礎編と発展編の双方に合格者をディスクロージャー上級実務士として認定

公式サイト

特定非営利活動法人(NPO法人)ディスクロージャー実務検定協会

関連書籍




おきらく資格ガイド Topへ
Copyright (C) 2009-2018 うかりこ. All Right Reserved