下水道技術検定
-おきらく資格ガイド-



おきらく資格ガイド->下水道技術検定

下水道技術検定

下水道の設計、工事の監督管理及び維持管理に従事する技術者の早期確保のために資格に必要な下水道実務経験短縮を目的とした検定試験です。
第1種技術検定、第2種技術検定、第3種技術検定があり、第1種技術検定は下水道の計画設計を行うために必要とされる技術、第2種技術検定は下水道の実施計画及び工事の監督管理を行うために必要とされる技術、第3種技術検定は下水道の維持管理を行うために必要とされる技術となっています。

取得方法

試験の合格。
試験は多肢選択式で行われます。

受験資格

特にありません。

合格率

平成21年度
第1種技術検定:12.5%
第2種技術検定:19.2%
第3種技術検定:25.7%
平成20年度
第1種技術検定:13.7%
第2種技術検定:23.4%
第3種技術検定:28.6%
平成19年度
第1種技術検定:15.2%
第2種技術検定:24.0%
第3種技術検定:27.5%

合格特典

・合格証書、合格証明書(有料)
・下水道法第22条の資格取得について必要とされる実務経験年数の短縮

公式サイト

地方共同法人 日本下水道事業団 -Japan Sewage Works Agency

関連書籍




おきらく資格ガイド Topへ
Copyright (C) 2009-2018 うかりこ. All Right Reserved