ホームインスペクター(住宅診断士)
-おきらく資格ガイド-



おきらく資格ガイド->ホームインスペクター(住宅診断士)

ホームインスペクター(住宅診断士)

住宅全体の劣化状況や欠陥の有無を目視でチェックし、メンテナンスすべき箇所やその時期、おおよその費用などを中立な立場でアドバイスする専門家であるホームインスペクター(住宅診断士)の資格試験です。
既存住宅(主に木造一戸建て)の流通にかかわる住宅の状態を診断するために必要な建物と不動産流通の知識ならびに診断のための検査方法、報告書作成、ホームインスペクターとしての振る舞いなど実務に支障を来さない一定の知識や見識があるかが問われます。

取得方法

試験の合格。
試験は、50問の四肢択一のマークシート方式で行われ、総合得点が合格点以上でかつ建築、調査・診断、不動産取引・流通、倫理の各分野別得点が基準点以上の場合、合格となります。

受験資格

特にありません。

合格率

2010年度第2回:25.2%
2009年度第1回:18.9%

合格特典

・登録(有料)で公認ホームインスペクターとして認定

公式サイト

NPO法人 日本ホームインスペクターズ協会

関連書籍




おきらく資格ガイド Topへ
Copyright (C) 2009-2018 うかりこ. All Right Reserved