社会福祉士国家試験
-おきらく資格ガイド-



おきらく資格ガイド->社会福祉士国家試験

社会福祉士国家試験

福祉に関する相談や介護を依頼することができる専門能力を有する人材を育成、確保し、増大する福祉ニーズに適切に対応し、在宅や施設における介護の充実強化を図ること、また、民間のシルバーサービス事業を健全に発展させ、国民の福祉を向上させることを目的とした国家試験です。

取得方法

試験の合格。
試験は、問題の総得点の60%程度を基準として、問題の難易度で補正した点数以上の得点の者でかつ、人体の構造と機能及び疾病、心理学理論と心理的支援、社会理論と社会システム、現代社会と福祉、地域福祉の理論と方法、福祉行財政と福祉計画、社会保障、低所得者に対する支援と生活保護制度、保健医療サービス、権利擁護と成年後見制度、社会調査の基礎、相談援助の基盤と専門職、相談援助の理論と方法、福祉サービスの組織と経営、高齢者に対する支援と介護保険制度、障害者に対する支援と障害者自立支援制度、児童や家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度、就労支援サービス・更生保護制度の科目群すべてにおいて得点があった場合、合格となります。

受験資格

以下のいずれかに該当する者に限られます。
1.大学等で指定科目を履修した者
2.社会福祉士「短期養成施設、一般養成施設」を卒業した者
3.福祉事務所の査察指導員等の実務経験が5年以上ある者(平成24年度まで)

合格率

第22回(平成21年度):27.5%
第21回(平成20年度):29.1%
第20回(平成19年度):30.6%

合格特典

・登録で社会福祉士

公式サイト

財団法人 社会福祉振興・試験センター

関連書籍




おきらく資格ガイド Topへ
Copyright (C) 2009-2018 うかりこ. All Right Reserved