全国観光特産検定
-おきらく資格ガイド-



おきらく資格ガイド->全国観光特産検定

全国観光特産検定

食と伝統と技、あるいはその土地ならではの特産品とそれに関連する観光や地理、歴史、文化を対象に、一定の知識を持った人を認定する検定試験です。
観光と地域特産品の関連や歴史、文化の理解とその地域に愛着を持ってもらうきっかけづくりとなることを目的としています。
1級から4級があり、4級は全国的に一般的に知られている観光特産品の基礎知識、3級は観光特産品では欠かすことの出来ない必須の知識、2級は観光特産にかかわる簡単な用語と応用知識、1級は地域の伝統文化や日本の伝統文化を核にあらゆる角度からの知識が問われます。
2010年は3級、4級が実施され、2011年以降1級、2級が実施予定となっています。

取得方法

試験の合格。
試験は、3級と4級は選択式で70問出題、1級と2級は記述式および選択式で70問出題され、各級とも70%以上の得点で合格となります。

受験資格

3級、4級は特にありません。
2級は3級合格者に限られます。
1級は2級合格者に限られます。

合格率

プレ検定
3級:69%
4級:98%

合格特典

・合格認定証

公式サイト

日本観光文化検定/全国観光特産検定・観光コーディネーター・観光マイスター・観光特産士

関連書籍




おきらく資格ガイド Topへ
Copyright (C) 2009-2018 うかりこ. All Right Reserved