自治体法務検定
-おきらく資格ガイド-



おきらく資格ガイド->自治体法務検定

自治体法務検定

自治体職員の法務能力を向上させることを目的とした検定試験です。
基本法務と政策法務があります。
基本法務では各部門の現場で日々起こりうる課題とその解決のために、基本となる法律を踏まえたうえで課題を解決する能力が求められ、自治体行政における法務能力の向上に失するための基本的法務知識を問われます。
政策法務では地域の行政課題に対応する政策実現のために、既存法令や制度等の運用・解釈に関する政策法務知識の基礎が問われます。
基本法務は2011年から実施予定となっています。

取得方法

試験の結果に応じてクラスが認定されます。
試験は基本法務編、政策法務編ともに4択のマークシート方式の1000点満点で行われ、点数に応じてそれぞれ基本法務編、政策法務編の900点〜1000点がプラチナクラス、700点〜899点がゴールドクラス、500点〜699点がシルバークラスと認定されます。

受験資格

特にありません。

合格率

不明。

合格特典



公式サイト

自治体法務検定【トップページ】

関連書籍




おきらく資格ガイド Topへ
Copyright (C) 2009-2018 うかりこ. All Right Reserved