フードコーディネーター資格認定試験
-おきらく資格ガイド-



おきらく資格ガイド->フードコーディネーター資格認定試験

フードコーディネーター資格認定試験

食の世界が細分化され、専門化する中で、スペシャリストとしての専門分野を持ち、それぞれの分野を総合的にコーディネートするフードコーディネーターの認定資格です。
1級から3級があり、1級はフード業界でプロとして活動できるレベル、2級はフードコーディネーターのアシスタントレベル、3級はフードコーディネーターとしての入門レベルとなっています。
1級は準備中となっています。

取得方法

試験の合格。
試験は、3級はデザイン・アート、経済・経営、化学、文化の4科目でマークシート方式で行われ、2級は1次試験と2次試験があり、1次試験はレストランプロデュース、食の商品開発、ホスピタリティ&ライフサポート、食のイベント・メディアの4科目で行われ、2次試験はレストランプロデュース、食の商品開発、食のイベント・メディアの3分野より1つ選択し、基本的な各種計画書やプレゼンシート作成できる能力が問われます。

受験資格

3級は満18歳以上に限られます。
2級は3級資格認定登録者に限られます。

合格率

2級
2009年
1次試験:80.0%
2次試験:31.5%
2008年
1次試験:79.1%
2次試験:25.1%
2007年
1次試験:71.6%
2次試験:32.6%

合格特典

・認定登録(有料)で認定証・認定カード

公式サイト

特定非営利活動法人 日本フードコーディネーター協会

関連書籍




おきらく資格ガイド Topへ
Copyright (C) 2009-2018 うかりこ. All Right Reserved