IPS認定プレゼンテーション力検定
-おきらく資格ガイド-



おきらく資格ガイド->IPS認定プレゼンテーション力検定

IPS認定プレゼンテーション力検定

通称「プレ検」と呼ばれる検定試験です。社会生活を営んでいく上で不可欠な能力であるプレゼンテーション力の検定試験です。
プレゼンテーション力を総合的に評価し、その能力を証明することを目的としています。1級から3級があり、1級はプロフェッショナル・プレゼンターとして、広範囲な知識を有し、その深い理解とともに、臨機応変カツ応用力のある伝達力を有している、2級は説得力のあるプレゼンテーションをおこなうための知識と理解、および必要十分な伝達力を有している、3級は効果的なプレゼンテーションをおこなうための基本的な知識を有し、その内容を理解しているとなっています。

取得方法

試験の合格。
試験は、3級は筆記試験でマークシート方式の4択で100問出題され100点満点で70点以上で合格、2級は一次試験と二次試験があり、一次試験はマークシート方式の4択で100問出題され、二次試験は実技試験と論文試験があり、それぞれの試験で100点満点で80点以上で合格、1級は一次試験、二次試験、三次試験があり、一次試験はマークシート方式の4択で100問出題され、二次試験は実技試験と論文試験、三次試験は面接試験となっていて、それぞれの試験で100点満点で90点以上で合格となっています。

受験資格

3級は特にありません。
2級は3級合格者に限られます。
1級は2級合格者に限られます。

合格率

不明。

合格特典

・合格証書
・IPS認定プレゼンターの資格取得

公式サイト

国際プレゼンテーション協会(IPS)

関連書籍




おきらく資格ガイド Topへ
Copyright (C) 2009-2018 うかりこ. All Right Reserved