フードアナリスト検定
-おきらく資格ガイド-



おきらく資格ガイド->フードアナリスト検定

フードアナリスト検定

食・食文化を体系的に学び、単に味覚だけでなく、レストランの内装・サービスや料理の歴史・レストランの法律・経営まで、総合的に段階的に学び、レストランそのものから食品・食材を分析・評価する知識と教養を身につけた、食・食空間を分析・評価する専門家であるフードアナリストを認定する検定試験です。
1級から4級と特級があります。4級は必須知識を備えた基礎レベル、3級は中級レベル、1級では高いレベルのテイスティング能力が求められます。

取得方法

試験の合格。
試験は4級は選択問題で行われ正答率70%で合格、3級は選択問題で行われ正答率65%で合格、2級は選択問題と記述問題で行われ正答率60%で合格、1級は選択問題と記述問題と面接で行われ、特級は選択問題と記述問題、面接・実技で行われます。

受験資格

4級は特にありません。
3級以上は1つ下の級の合格者で、養成講座または通信講座の修了者に限られます。

合格率

予測合格率
2級:70%
3級:70%
4級:60%

合格特典

・フードアナリスト認定証、ライセンスカード、会員バッジの発行、および登録(有料)
・会員向け研修会、勉強会、e-ラーニングへの参加など

公式サイト

一般社団法人 日本フードアナリスト協会

関連書籍




おきらく資格ガイド Topへ
Copyright (C) 2009-2018 うかりこ. All Right Reserved