食品表示検定
-おきらく資格ガイド-



おきらく資格ガイド->食品表示検定

食品表示検定

生産者、食品メーカー、小売業者、消費者まで含めた教育の機能として提供されている検定試験です。消費者は食を選択する力をつけ、事業者は正しく食品情報を表示することを広め、こうした活動を通じて食の安全・安心の向上に寄与することが目的となっています。
初級、中級、上級があり、初級は食の目利き検定として実施されています。上級は食品表示を食の生産、流通、製造において責任を持って行うための人材向け、中級は食品表示を理解する必要のある生産、製造、流通の現場の人向け、初級は食品表示を理解し、商品を選択したい消費者、食の生産、製造、流通の食品表示の初心者向けとなっています。
上級は2011年以降実施予定となっています。

取得方法

試験の合格。
試験は、初級、中級はマークシート方式による選択問題で70点以上で合格となっています。

受験資格

特にありません。

合格率

2009年
中級:63.6%
初級:75.1%

合格特典

・合格証
・合格者バッジ(有料)

公式サイト

食品表示検定|食品表示|食品表示検定試験|食品表示検定協会

関連書籍




おきらく資格ガイド Topへ
Copyright (C) 2009-2018 うかりこ. All Right Reserved