家庭菜園検定
-おきらく資格ガイド-



おきらく資格ガイド->家庭菜園検定

家庭菜園検定

自分の栽培力を客観的にはかる検定試験です。
野菜ごとの特性や栽培についての正しい知識を習得することを目的としています。
1級から3級があり、1級は主な野菜80種の栽培知識があり、2級の知識をより深く理解するとともに、高品質な野菜の栽培技術、歴史、栄養と食べ方の知識がある、2級は代表的な野菜30種程度が栽培でき、3級の知識をより深く理解するとともに、土壌と肥料、病害虫対策、資材の使い方の知識がある、3級は代表的な野菜10種程度が栽培でき、野菜の科名、原産地、栽培特性など、野菜の基本的な知識と栽培方法、資材の使い方の知識があるとなっています。

取得方法

試験の合格。
試験は、3級はマークシートによる4者択一方式で50問出題され30問以上正当で合格、2級はマークシートによる4者択一方式で70問出題され50問以上正当で合格、1級は選択問題と記述式で合わせて60問出題され50問以上正当で合格となります。

受験資格

2級、3級は特にありません。
1級は2級合格者に限られます。

合格率

2009年
2級:66.0%
3級:95.9%

公式サイト

家庭菜園検定 オフィシャルサイト

関連書籍




おきらく資格ガイド Topへ
Copyright (C) 2009-2018 うかりこ. All Right Reserved