家庭料理技能検定
-おきらく資格ガイド-



おきらく資格ガイド->家庭料理技能検定

家庭料理技能検定

「料検」と呼ばれる検定試験です。
食生活に関する正しい知識を持ち、味がよく見た目にも美しく、栄養バランスのよい料理が作れるようになることを目的としています。
1級から4級があり、4級は基本的な調理法の特徴を理解し、初歩的な「切る」「むく」ことができ、正しく調味し、基本的な一食の献立・調理ができること、1級は食品上の性質が調理に応用でき、和・洋・中国料理に応じた高度な「切る」「おろす」ができ、課題に応じた献立・調理が創作できることが審査基準になっています。

取得方法

試験の合格。
試験は筆記試験と実技試験があります。
筆記試験はマークシート方式で1級はマークシート方式に加えて事前に食事計画の問題が出題されます。
実技試験は基礎実技と指定調理があり、1級と2級は更に献立調理が加わります。
実技試験・筆記試験とも各級7割程度で合格となります。

受験資格

特にありません。
全ての級で併願が可能です。

合格率

第22回
1級: 8.9%
2級:22.3%
3級:63.5%
4級:68.3%



おきらく資格ガイド Topへ
Copyright (C) 2009-2018 うかりこ. All Right Reserved