生物分類技能検定
-おきらく資格ガイド-



おきらく資格ガイド->生物分類技能検定

生物分類技能検定

野生生物に関心のある人々を対象に、正しい生物分類の知識の向上を図り、調査や保全を担う人材を育てることと、動物分類学や植物分類学の発展に寄与することを目的としています。
1級から4級があり、更に1級は8専門分野、2級は3部門に分かれています。
4級は生物一般に興味がある方、1級は特定の分類群に関して広範な専門知識と分類技能を持ち、それを業務等において活用できると判断される方を対象としています。

取得方法

試験の合格。
試験は2級、3級、4級はマークシート方式による択一問題と、生態写真、標本写真、実物標本などを用います。
1級は書類審査、一次試験として論文試験、二次試験として口頭試験があります。

受験資格

2級、3級、4級は特にありません。
1級は3年以上の業務経験があり、2級の当該部門に合格した人に限られます。

合格率

平成20年度
1級:45.2%
2級動物:17.1%
2級植物:25.5%
2級水圏生物:15.6%
3級:34.7%
4級:60.0%



おきらく資格ガイド Topへ
Copyright (C) 2009-2018 うかりこ. All Right Reserved