時刻表検定
-おきらく資格ガイド-



おきらく資格ガイド->時刻表検定

時刻表検定

その名の通り時刻表に関する検定試験です。
日常生活ではあまり活用されていない時刻表の1000頁を超える膨大な情報を再発見し、その知識の活用や楽しさを広く知ってもらうことを目的としています
博士、1級〜5級まであり、博士は時刻表に関する博学者、オーソリティ、専門家的レベル、5級は時刻表にある一般知識を習い始めた初級レベルとなっています。

取得方法

試験の合格。
試験は第1種と第2種があり、第1種は、博士、1級、2級を、第2種は3級〜5級を認定します。試験方法はマークシート方式による四者択一方式です。
第1種、第2種とも200点満点で、第1種では180点以上が博士、179〜150点が1級、149〜120点が2級、第2種では160点以上が3級、159点〜120点が4級、119〜90点が5級となっています。

受験資格

特にありません。
第1種と第2種の同時受験は可能です。

合格率

第14回(2008年)の認定結果
博士: 1.2%
1級:16.1%
2級:41.9%
3級:28.5%
4級:42.1%
5級:19.2%



おきらく資格ガイド Topへ
Copyright (C) 2009-2018 うかりこ. All Right Reserved