気象予報士試験
-おきらく資格ガイド-



おきらく資格ガイド->気象予報士試験

気象予報士試験

気象予報士の資格を有することを認定する試験です。
気象予報士として必要な気象学の基礎知識、各種データを処理し予測を行う知識および能力などを認定することを目的としています。
なお、気象予報士となるには、気象予報士試験に合格し、気象庁長官による登録を受ける必要があります。

取得方法

試験の合格。
試験は学科試験と実技試験があり、学科試験は多肢選択方式、実技試験は記述式となっています。

受験資格

特にありません。

合格率

平成19年度第1回(通算28回) 4.4%
平成19年度第2回(通算29回) 4.5%
平成20年度第1回(通算30回) 4.9%
平成20年度第2回(通算31回) 6.3%



おきらく資格ガイド Topへ
Copyright (C) 2009-2018 うかりこ. All Right Reserved